映画部2013年9月の気になる映画

 9月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「エリジウム Elysium」

9月20日より公開

 「第9地区」のニール・ブロムカンプの長編2作目となるSF映画。富裕層は宇宙に暮らし、貧困層は地球に置き去りにされた未来。地球に住む労働者のマックスは事故で余命5日と宣告され、富裕層が住むスペースコロニー”エリジウム”への潜入を試みる。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 管理人 on 9月 14th, 2013 No Comments »

映画部2013年夏の気になる映画

 8月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「パシフィック・リム」

8月9日より公開

 「ブレイド2」「ヘルボーイ」で有名なギレルモ・デル・トロ監督の最新作。太平洋の裂け目から現れた怪獣と人類が開発した人型兵器が対決。オタク監督の日本の怪獣映画へのラブレター。スペシャルサンクスには日本人有名クリエイターの名前がずらり。

オフィシャルWebサイト

「ワールド・ウォーZ World War Z」

8月10日より公開

 ブラッド・ピットが制作・主演を務めるベストセラー小説の映画化作品。制作は難航を極め、一度完成するも大幅な撮り直しを決断したブラッド・ピットのクリエイター魂。前評判は不安視されていたものの、アメリカでは大ヒット。

オフィシャルWebサイト

「エンド・オブ・ウォッチ End of Watch」

8月17日より公開

 「トレーニング・デイ」の脚本家で「バッド・タイム」で監督デビューを果たしたデビッド・エアー監督の最新作。ロサンゼルスの重犯罪多発地区のパトロール警官の活躍をリアルに描く。映像はパトカーに取り付けたカメラの視点やPOV(Point of View 主観視点)を多用。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 7月 7th, 2013 No Comments »

涼しい風が吹く夜の香港「PTU」

PTU [DVD]
PTU [DVD]

 おすすめの映画を1本ご紹介。「PTU」は香港ノワールを得意とするジョニー・トー監督の2003年の作品(日本公開は2005年)。夜中に見るといい感じな刑事ドラマ。レンタル店にDVDがありますよ(アクション映画コーナーか、アジア映画のコーナーを見てみて下さい)。

深夜未明の香港。警察機動隊、拳銃を無くした警官、特捜課、マフィアのボス。午前4時に彼らは交錯する。

 ストーリーは、組織犯罪課の刑事サァ(ラム・シュー)がチンピラと揉め事を起こした際に拳銃を無くすところから始まります。夜の繁華街をパトロールしているPTU(警察特殊機動隊)の小隊の隊長ホー(サイモン・ヤム)はサァの拳銃探しを手伝うことに。彼らの勤務交代の時間は午前4時。それまでに拳銃を見つけないとサァは窮地に陥ることになる。その裏ではチンピラ・グループリーダーが敵対勢力に殺される事件が発生。特捜課の刑事チョン(ルビー・ウォン)が捜査に乗り出すが、やがてサァに不審を抱く。そして殺されたチンピラ・グループのリーダーはマフィアのボスの息子だった。父親もまた復讐に向け夜の香港を移動する・・・。というお話。

なんとも言えない終わり方。だけどどこか清々しい。

 刑事の出てくる映画ですが、激しい銃撃戦があるわけではなく、ほとんど夜の街を歩いて回っているシーンばかり。サァは上司に拳銃を無くしたことを知られるわけにはいかず、模型店で買った銃の模型にスプレーをかけて取り繕ったり、ホーもサァを守るため、部下も巻き込んで助けようとする。どこにでもありそうななぁなぁの世界がそこにあって、チンピラに自白を強要するような酷いなぁと思うシーンもあるのだけども、法律が邪魔をして彼らを捕まえることができないこともまた、どこにでもある話。事の真相は「そんなことで!?」という酷いオチなのだけど、世間的には悪くない出来事が起きて一件落着してしまう。

知らない街で起きてる事件の話でも、どこか身近に感じる空気感のせいか、嫌悪感が湧くわけではなく、初めから終わりまで夜のシーンなので、涼しい気持ちのいい風が吹いてるような心地良ささえ感じるのが不思議。夜の映画には不思議な清々しさがありますね。タクシードライバーが殺し屋を乗せたことから事件に巻き込まれる「コラテラル」も”なんとも言えないんだけど、なんか好き。”そんな感じ。90分を切るサラッと見られる映画です。

Posted in 香港 by 増井 on 2月 7th, 2013 No Comments »

映画部2月の気になる映画

 すでに公開中の映画、2月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「奪命金」

2月9日より公開

 個人的にハマっている香港の映画監督ジョニー・トーが描く金融サスペンス。世界的な金融危機を背景にお金と欲に翻弄される人々のお話。「クロッシング」のような、複数の登場人物の物語が最後で交わるタイプの映画っぽい。

オフィシャルWebサイト

「ダイ・ハード ラスト・デイ A Good Day to Die Hard」

2月14日より公開

 人気シリーズの第5作目。ロシアが舞台でジョン・マクレーンの今度の相棒は息子のジャック。「運の悪さは遺伝する」がキャッチコピー。

オフィシャルWebサイト

「ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty」

2月15日より公開

 2011年の5月に実行された、アメリカ軍による国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン暗殺作戦の裏側を描いた映画。タイトルの”ゼロ・ダーク・サーティ”は軍事用語で”0:30”を意味する。監督は「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー。主演は「英雄の証明」でコリオレイナスの妻を演じていたジェシカ・チャスティン。個人的にも今年注目している一作。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 1月 23rd, 2013 No Comments »

映画部1月の気になる映画

 すでに公開中の映画、1月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「96時間 リベンジ Taken2」

1月11日より公開

 リーアム・ニーソンがアクションもできることを認知させた前作「96時間」の続編。「リベンジ」とあるのは前作で息子を殺された犯罪組織のボスが主人公にリベンジするから。「返り討ち」が正しい。製作・脚本はもちろんリュック・ベッソン。

オフィシャルWebサイト

「ルーパー LOOPER」

1月12日より公開

 タイムマシンが開発されたものの、法律で使用禁止になっている近未来。しかし犯罪組織はタイムマシンを使っていて、30年昔の世界にいる主人公は未来から送られてくる標的を殺して報酬を得る生活を送っている。ある日主人公の目の前に標的として送り込まれたのは30年後の自分・・・というお話。主人公の暗殺者役がジョゼフ・ゴードン=レビットとブルース・ウィリス。2人の顔をモーフィングで見てみたいものだ。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 12月 26th, 2012 No Comments »

映画部2012年12月の気になる映画

 すでに公開中の映画、12月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「007 スカイフォール Skyfall」

12月1日より公開

 本国イギリスで歴代1位の記録を達成している「007」シリーズの最新作でダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じて3作目の作品。今回はボンドの上司Mを中心にストーリーが展開しMI6のあるロンドンも標的に。予告からも見受けられるシリアスな雰囲気が楽しみ。監督はシリーズ初のオスカー監督サム・メンデス。

オフィシャルWebサイト

「サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ Side by Side」

12月22日より公開

 デジタル技術の発達により、フィルム撮影からデジタルのビデオ撮影へと移行が進む映画の現場。世界の映画監督や撮影技師などのインタビューを敢行し、これからの映画製作の未来を探るドキュメンタリー。ホスト役にキアヌ・リーブス、出演はジェームズ・キャメロン、デビッド・フィンチャー他。フィルム派のクリストファー・ノーランも出てくるので気になる。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 11月 20th, 2012 No Comments »

映画部2012年11月の気になる映画

 すでに公開中の映画、11月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「リンカーン 秘密の書 Abraham Lincoln:Vampire Hunter」

11月1日より公開

 第16代アメリカ大統領リンカーンが実は夜な夜なヴァンパイアハンターをやっていた!というトンデモ設定のアクション映画。アンジェリーナ・ジョリーが出演していた「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフの監督作なので面白そう。主演はベンジャミン・ウォーカー。

オフィシャルWebサイト

「ザ・レイド THE RAID」

10月27日より公開

 インドネシアのジャカルタを舞台にSWATとギャングの壮絶な戦いを描いた、ノンストップアクション映画(100分中85分はアクションシーンらしい・・・)。東南アジアの格闘技「シラット(「SP」でも取り入れられていた格闘技と同種?)」のアクションシーンが評価されハリウッド・リメイクも決定した注目作。ボーン・シリーズのようにアクション映画のエポックメイキングとなるか。

オフィシャルWebサイト

「ロックアウト Lockout」

11月23日より公開

 リュック・ベッソン製作のSFアクション映画。2079年の宇宙が舞台。脱獄不可能な刑務所コロニーで、大統領の娘が人質になったところを元CIAエージェントの主人公が単身監獄に送り込まれる、というお話。リュック・ベッソンプロデュースの映画は娯楽作品として楽しめる映画が多いので期待できそう。主演はガイ・ピアース。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 10月 22nd, 2012 No Comments »

あなたの記憶、本物ですか? 新「トータル・リコール」

トータル・リコール スチールブック(1000セット数量限定) [Blu-ray]
トータル・リコール スチールブック(1000セット数量限定) [Blu-ray]

1990年に公開された映画、シュワルツネッガー主演の代表作でもある「トータル・リコール」の完全リメイク版です。民放でも何度か放映されているので、ご存じの方も多いかと思います。監督はダイハード4.0のレン・ワイズマン、主演はフライトナイトやマイアミバイスのコリン・ファレルです。

昔のトータル・リコールも好きでしたが、技術が格段に進化した現代の合成映像で造り直された新トータル・リコールは、ストーリーはほぼ同一にも関わらず、全く異なる世界観に仕上がっていて、これがまた恰好良かったです。コリン・ファレルのキレのあるアクションと渋みの利いた演技も、この新トータルにハマってました。

近未来SF系が好きな方には間違い無くウケル内容ではないでしょうか。当然車は浮いて走ってます(笑)。勿論ディスプレイはホログラムです(笑)。変装用のマスクもホログラムだったところにはワクワクしましたね。この近未来っぽいデバイスがガンガン登場してくるところがSFファンにはたまりません。

ファレル演じる主人公のダグラス・クエイドは、貧困層の労働者として毎日退屈な生活を送っていた。ある日、リコール社という好きな記憶を脳にインプットして夢を楽しむサービスを売りにしている怪しげな会社を訪れる。そこで彼が選んだ記憶は、2重スパイになって敵と戦うという記憶だった。その2重スパイの夢を見ようと装置に横になって暫くすると、突然、警官隊が侵入してきて銃撃戦が始まる。驚いたクエイドは咄嗟に警官から銃を奪い、必死に抵抗を試みると、たった一人で容易く数十人の警官隊を制圧してまった。拳銃の使用も戦闘の経験も無い自分が何故???クエイドは不安と疑心暗鬼に陥りながらも、更に応援で駆けつけた警官隊の攻撃をも巧みに躱して、逃走を計る。

いったい何が起こっているんだ、これは現実なのか夢なのか、訳が分からないまま彼は逃走を続けるうちに、隠されていた真実が少しずつ明らかになり始める。。。

この夢と現実の見分けがつかなくなる展開が、この作品のひとつのギミックです。クエイドはなかなか真実を理解できないまま逃走を続けますが、この時、観客も画面の中で真実を探っている内に彼と同じ心境に成り、この作品の世界にどっぷりのめり込みます。この非日常感を味わえることが見終わった後の爽快感にも繋がります。

劇場での上映は既に終了してしまいましたが、あの凝った映像はDVDでも十分楽しめると思います。お薦めです。

Posted in SF・ファンタジー, アクション by 倉井 on 9月 29th, 2012 No Comments »

映画部2012年10月の気になる映画

 すでに公開中の映画、10月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「アルゴ Argo」

10月26日より公開

 1979年にイランで起きた、アメリカ大使館人質事件の救出作戦を描いた映画。自力で大使館を脱出した6人のアメリカ人を救出するため、CIAは架空のSF映画を企画しその6人を撮影スタッフに偽装する作戦を立案する。というお話。監督と主演はベン・アフレック。

オフィシャルWebサイト

「エクスペンダブルズ2 The Expendables 2」

10月20日より公開

 シュワちゃん、スタローン、ブルース・ウィリスetc…と新旧のアクション映画のスター総集結のお祭り映画の続編。州知事引退でシュワちゃん今度はフル参戦!敵はジャン=クロード・ヴァン・ダム。かっこいいぞ!

オフィシャルWebサイト

「アウトレイジ ビヨンド」

10月6日より公開

 良い人イメージのキャストを悪人役に配してヒットした北野武監督のヤクザ映画「アウトレイジ」の続編。今回は前作に増して豪華キャスト。今度は今まで釣りしてたハマちゃんが関西ヤクザで怒鳴ってる。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 9月 23rd, 2012 No Comments »

映画部2012年9月の気になる映画

すでに公開中の映画、9月公開予定の映画の中から気になる映画をクリップ!

「ボーン・レガシー The Bourne Legacy」

9月28日より公開

 マット・デイモン主演で大ヒットした”ジェイソン・ボーン”シリーズの最新作。「ボーン・アルティメイタム」と同じ時系列で、ジェイソン・ボーンの戦いの裏側で起きていた、もう一人のスパイの物語。新たな主人公を演じるのは「ハート・ロッカー」「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」での活躍が注目を集めるジェレミー・レナー。

オフィシャルWebサイト

「エージェント・マロリー Haywire」

9月28日より公開

 こちらもスパイモノ。何者かに殺人の濡れ衣を着せられた女性スパイが疑惑を晴らすために戦うお話。主人公を演じるのは全米で人気の女性格闘家ジーナ・カラーノ。スティーブン・ソダーバーグ監督作ならではの豪華な共演メンバーにも注目。

オフィシャルWebサイト

「るろうに剣心」

8月25日より公開中

 週刊少年ジャンプで連載されていた人気コミックの実写映画化作品。監督が撮影の際に参考にしたのがドニー・イェンの映画と知って急に気になった。アクション監督を担当しているのはドニー・イェンやジャッキー・チェンの映画で活動してきた経歴を持つ谷垣健治氏。

オフィシャルWebサイト

Posted in 気になる映画 by 増井 on 8月 26th, 2012 No Comments »