名カメラマンの監督らしい見事な情景「剣岳 点の記」

劔岳 点の記 [Blu-ray]
劔岳 点の記 [Blu-ray]

明治の頃、地図を作成するために前人未踏の剣岳に挑んだ男達の話です。実際に明治39年に陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)の測量士が、地元の案内人と下見をし、翌年の明治40年に同案内人と剣岳を初登頂した際の実話です。その測量士役を浅野忠信が演じ、案内人役を香川照之が演じています。

圧巻だったのは撮影シーンが実際の剣岳で行われていること。剣岳は現在でも一般登山者が登頂するには最も過酷な山だと言われているそうです。そこを登頂しながら撮影が進んでいくんですから。山風吹き荒れる雪渓を二人がさくさくと歩くシーンが何気なく登場しますが、あれは一歩間違えれば滑落=即死のはずです。そこを命綱無しで撮影している。浅野忠信が後に言ってましたが、正に『命がけ』だったそうです。その緊張感と壮大な自然の迫力はひしひしと伝わってきます。

CGや特撮を殆ど使用せず、生の剣岳で撮影を行っているため、ロケーションは見たことがないような美しい風景が登場します。特に印象的だったのは草原の様に広がった雲を見下ろしながら遠くに富士山が見えるシーン。日本海側から見える日本一の山の姿も、あれも実際に剣で撮影を行ったからこその映像なんでしょう。数々の自然の優美に心が和みます。

ストーリー自体には緩急があまりなく、もうちょっと展開に変化をつけてほしかったですが、実話をベースにしているのでこんなものだろう?と思いながら鑑賞していました。まるで明治の登山のドキュメンタリー映画をみているかのような、大自然の猛威とそれにアタックする偉人の勇姿がそのままに収められている感じです。途中で対抗して登山を始めた山岳会のチームが陸地測量部を追い上げる場面でも、一番に登頂することを競うのではなく、地図をつくるという任務に誇りと信念を持って、寡黙に取り組んでいる姿が表現されていて、そこにはとても感銘を受けました。

この映画を見終わった後、今ある便利マップや不動産業では欠かせないゼンリン地図も、グーグルアースやストリートビューも、すべて昔の人々の偉業の上に成り立っているんだなと思い、過去の先輩の方々の努力に改めて感謝しつつ、自然や人の心など、どんなに便利になっても変わらないもの、変えるべきでは無いものもあると、再認識させてくれた作品でした。

 

出演者と監督、撮影スタッフ全員の熱意に☆☆☆☆☆

Leave a Reply