大人気のMIシリーズ最新作・ゴーストプロトコル

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]

早いもので2011年も残りわずか数日。今年のオオトリとも言える本大作をユナイテッドシネマのIMAXにてチェックしてきました。

主演はご存じのトム・クルーズ。アクションシーンはノースタントで有名な彼が、あのドバイの超高層タワーでの撮影も実写にチャレンジしたのかどうか気になるところでしたが、やっぱりノーCG、ノー合成で、彼自身が行ったらしいです。やりますね、トム・クルーズという男は。監督が後のインタビューで言ってましたが、撮影スタッフ全員が安全ベルトなどを付けて重装備している中、主役のトムのみ最小限の軽装備であの過酷なアクションシーンをこなしている。その姿を目の当たりにして監督もホレボレしたそうです。

もはや単なる二枚目俳優ではとどまらないトムクルーズが演じる主人公イーサン・ハントのスーパーなアクションシーンも見物ですが、本部の指令に対してイーサンを中心とした複数のメンバーで任務に取り組むという共同作業での展開も面白味があります。スパイ映画やヒーロー物だと、『007』や『ダイハード』の様に主人公がたった一人で任務を遂行するという印象が強いと思いますが、ミッションインポシブルでは前回の三作目からチームで取り組む設定になり、今回の四作目でも新しいメンバーが組まれ、絶妙なチームワークでミッションを成し遂げます。一人がハッキングしてる間に、一人が変装して敵に近づき、別の一人が狙いの物を手に入れる。お約束のスパイグッズが上手く機能せず何度か危なくなりながらも、仲間同士でのリカバリーでピンチを突破していくところ等、協力しあって困難を突破していくところも良かったです。

又、随所に笑いも散りばめられていて、変装後の衣装がコッテコテだったり、任務中に仲間へ無線で無茶ぶりしたり、と緊張の中にも思わずクスッとくるシーンが入っていて、見ていて楽しくなります。これ以上この映画に説明は要りません。この年末年始の文句なくお薦め映画です。あの迫力とスピード感ある映像を是非劇場で味わってみてください。

 

本年はご愛顧くださいましてありがとございました。これからもあくまで映画ド素人目線(笑)で楽しいと感じた作品を紹介していきたいと思います。新年からもよろしくおねがいいたします。

Leave a Reply