突入せよ!あさま山荘事件

突入せよ! 「あさま山荘」事件 Blu-ray スペシャル・エディション
突入せよ! 「あさま山荘」事件 Blu-ray スペシャル・エディション

1972年に起きた浅間山荘事件を、警察側の視点で描いた作品です。映画ですのである程度の脚色はあるかと思いますが、事件が解決するまでの警察内部での苦闘がややシニカルに表現されている様に感じます。

この作品を見ると、危機管理のために何が必要かが良く分かります。組織が大きくなるほど、本来の目的のためにその組織を機能させる事が難しくなる。人の命が掛かっている中、自分の立場やプライドに拘り、意識の低い言動が飛び交う上層部と、最前線で踏ん張る現場の警察官との温度差は、今の日本の状況(政治)にも似ているなと。組織が動く時にありがちな弊害や、危機管理の難しさを実際の事件を題材に上手く映し出した、そういう意味で非常に面白く、いい作品だと思いました。

感銘したのは、あのグチャグチャな状況下での役所広司演じる佐々敦行幕僚長の活躍ぶり。スマートな判断と的確な指示だけでなく、突入前夜の緊張した機動隊員に自前のウィスキーを渡すシーンや子供が生まれたばかりの部下を前線から下げるシーンなど、とても温かみも伝わり、感動しました。

警察側の状況のみ描いてますので事件の背景や犯人像などは触れていません。事件の内容をご存じでない方は簡単に予習されてからの方が、この作品のヒューマンドラマ的な要素を熟視できて楽しめるかと思います。

Leave a Reply