リアリティを追求した驚愕のドラマ「外事警察」

外事警察 その男に騙されるな [Blu-ray]
外事警察 その男に騙されるな [Blu-ray]

先日、有楽町で『外事警察』を鑑賞してきました。この作品は2009年にNHKで放映されたドラマの外事警察を映画化したもので、対国際テロ捜査に奔走する“日本版CIA”と言われている警視庁公安部外事課の活躍を描いたサスペンスムービーです。

映画のキャッチに「誰も手を付けなかった禁断の裏の世界を映画化」と謳われていますが、この作品の監修には本物の元外事警察官が携わっているそうで、今まで表に出て来なかった外事警察官の実態とその独特な捜査方法などをリアルに再現したそうです。と言われてはいるものの、この作品中ではどこまで本当の話なのか疑いたくなる様な信じられない程エグく、違法スレスレの捜査が行われており、その尋常では無い展開に釘付けになります。

例えばこの作品でストーリーの肝になっている「協力者の獲得」という捜査方法があります。協力者というのは、テロリストと疑わしい人物と親密な間柄の一般人のことで、その一般人の弱みにつけ込み説得し、金を渡して、強引に協力者として獲得していきます。そしてその協力者にテロリストの情報を盗み取らせ、成功するとまた報酬を与える。そして次第にその要求はエスカレートしていき、成功すると更に多くの報酬を渡す。その一般人だった協力者はどんどん深みにハマリ、命掛けで捜査に協力させられていきます。

その緊迫した外事警察官と協力者の関係を、主演で外事警察官役である渡部篤郎と、協力者役の真木よう子が迫真の演技で表現しています。ドラマとは分かってはいるのですが、リアリティあるストーリーと、出演者の完璧な演技で映画の世界に没頭させられました。

この作品のアドバイザーである元外事警察官のコメントがあります。

「外事警察官達は基礎調査や行動確認といった地味で骨の折れる作業を地べたを這い回って気が遠くなるほど繰り返し行い、必死で情報を集める。それはなぜならいざと言うときは情報だけが身を守ってくれるからである。協力者の獲得も例え国益を守るためであっても自責の念はある。しかしだからこそ協力者の人生の全てを背負い込む覚悟で全人格をもって獲得作業を行うのである。そうして一度築かれた捜査官と協力者との絆は、事件が終息しても、退職しても、何があってもなくなることはない。一生繋がっていく。それが我々の責任であり、この仕事に対する誇りである。

外事警察官という仕事をこの映画を通じて多くの方々に知ってもらえたことに心より感謝申し上げる。誰に認められることなく、国から讃えられることもなく、ウラの世界で人知れず職務を全うしてこの世を去っていった仲間達に、この映画を捧げます。」

いかがでしょうか。今月末まで劇場で公開されています。お早めにどうぞ。

Leave a Reply