伝説、最終章。「ダークナイトライジング」

ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

ついに待ちに待ったあの映画、ダークナイトライジングを観てきました。予告編から伺えるあの迫力の映像を高音質のシネコンで臨場感を楽しみたく、深川ギャザリアのIMAXにて鑑賞してきました。

前作「ダークナイト」から8年が経過したゴッサム・シティ。新しい法律により犯罪者達が街から消え、市民は平和に暮らしていた。ブルースは最愛の人を失ったショックから立ち直れず、バットマンを封印したまま、自宅屋敷に引きこもっていた。だがその間、ベインをリーダーとするテロリスト集団は密かにテロ始動のための準備を進めていた。平和を取り戻したはずのゴッサムシティにまたもや危機が迫っていた・・・。

観る前の期待値が高過ぎたためか、多少気になる部分があった本作ライジングですが、全般としては162分という長尺にも関わらず、飽きることなく最後まで楽しく鑑賞できました。

そのちょっと気になってしまった点の一つは、今作の敵役のベインにやや物足りなさを感じたところです。このシリーズの印象を決定付ける悪役の存在を、前作「ダークナイト」のジョーカーとついつい比較して観てしまうからでしょうか、ベインの厳つい肉体と、顔面に不気味なマスクを付けた面もちは、まさにヒールという独特の雰囲気は醸し出してはいるものの、やっぱりあのダークナイトの時の狂気に満ちた宿敵ジョーカーの様な、先が読めない行動と、殺人ゲームを楽しむクレイジーな犯罪者の心理とが生み出す、あのスリルと緊張感を、今作が超える事は出来なかったと思います。それだけ前作ダークナイトのストーリーと、故・ヒース・レジャーが演じたジョーカーが凄かったということでしょう。ベインも決して悪くはなかったんですが、もうひとつ迫力不足だったようにどうしても感じてしまいます。

まあ前作のダークナイトが凄すぎた分、私の中でライジングへの期待値が高くなり過ぎていただけなのかもしれません。ベインの暴力的で破壊的なキャラクターは、バッドマン最終章のヒール役としては十分な存在感を放っていましたし、あのド派手な演出と、展開の切り替わりもよく、作品の世界に終始引き込み続けてくれました。エンディングも好きな終わり方で良かったです。ということはやっぱりアリですね。

登場する出演者と使用される新兵器はダークナイトの時よりスケールアップされていたと思います。登場人物では何と言っても容姿端麗なアン・ハサウェイ演じるキャットウーマンでしょう。あの華奢で清楚なアン・ハサウェイのアクション役がこんなにハマるとは思わなかったですし、演技の雰囲気もガラリと変えて大人の悪女、ルパン三世の峰藤子のような小悪魔的な感じが良かったです。彼女がバッドポッドを乗り回してキャノン砲をぶっ放すシーンは、今までのアンハサでは絶対見られないノリですが、でもこれが結構決まっていてクールで格好よかったです。スピンオフの噂もありますが、それはそれで面白そうです。

ウェイン社で密かに作られていた迷彩カラーのバッドモービルも完成度が高かったですね。街中を走行するシーンがありますが、あれは合成やCGではなく実際に走行させています。ですから実物を造り上げたということです。軍用車としても使われているハマーとランボルギーニをベース車に使ってあるらしく、あのモービルの実物を造ってしまうところなどは、さすがノーラン監督、全製作スタッフ達も含めてそのこだわりと意気込みを感じます。

もともとアメコミを実写化したティムバートン監督の先代バッドマンシリーズから始まり、ノーラン監督によってここまでシリアス且つダイナミックなアクション大作へと進化を遂げてきました。他のアメコミ系シリーズのスパイダーマンやスーパーマンなど、1980年代に登場した多くのアメコミ系作品もこれに刺激を受け、21世紀に入り、より濃厚で完成度の高い作品へとリメイクされています。単なるコミック実写版だった作品が、よりリアリティのある魅力的な作品となって配給される様になったのは、ノーラン監督のダークナイトシリーズの功績かもしれません。これからもエンターテイメント性溢れる素晴らしい作品の登場を楽しみしています。

Leave a Reply