あなたの記憶、本物ですか? 新「トータル・リコール」

トータル・リコール スチールブック(1000セット数量限定) [Blu-ray]
トータル・リコール スチールブック(1000セット数量限定) [Blu-ray]

1990年に公開された映画、シュワルツネッガー主演の代表作でもある「トータル・リコール」の完全リメイク版です。民放でも何度か放映されているので、ご存じの方も多いかと思います。監督はダイハード4.0のレン・ワイズマン、主演はフライトナイトやマイアミバイスのコリン・ファレルです。

昔のトータル・リコールも好きでしたが、技術が格段に進化した現代の合成映像で造り直された新トータル・リコールは、ストーリーはほぼ同一にも関わらず、全く異なる世界観に仕上がっていて、これがまた恰好良かったです。コリン・ファレルのキレのあるアクションと渋みの利いた演技も、この新トータルにハマってました。

近未来SF系が好きな方には間違い無くウケル内容ではないでしょうか。当然車は浮いて走ってます(笑)。勿論ディスプレイはホログラムです(笑)。変装用のマスクもホログラムだったところにはワクワクしましたね。この近未来っぽいデバイスがガンガン登場してくるところがSFファンにはたまりません。

ファレル演じる主人公のダグラス・クエイドは、貧困層の労働者として毎日退屈な生活を送っていた。ある日、リコール社という好きな記憶を脳にインプットして夢を楽しむサービスを売りにしている怪しげな会社を訪れる。そこで彼が選んだ記憶は、2重スパイになって敵と戦うという記憶だった。その2重スパイの夢を見ようと装置に横になって暫くすると、突然、警官隊が侵入してきて銃撃戦が始まる。驚いたクエイドは咄嗟に警官から銃を奪い、必死に抵抗を試みると、たった一人で容易く数十人の警官隊を制圧してまった。拳銃の使用も戦闘の経験も無い自分が何故???クエイドは不安と疑心暗鬼に陥りながらも、更に応援で駆けつけた警官隊の攻撃をも巧みに躱して、逃走を計る。

いったい何が起こっているんだ、これは現実なのか夢なのか、訳が分からないまま彼は逃走を続けるうちに、隠されていた真実が少しずつ明らかになり始める。。。

この夢と現実の見分けがつかなくなる展開が、この作品のひとつのギミックです。クエイドはなかなか真実を理解できないまま逃走を続けますが、この時、観客も画面の中で真実を探っている内に彼と同じ心境に成り、この作品の世界にどっぷりのめり込みます。この非日常感を味わえることが見終わった後の爽快感にも繋がります。

劇場での上映は既に終了してしまいましたが、あの凝った映像はDVDでも十分楽しめると思います。お薦めです。

Leave a Reply