カリスマアーティストの自叙伝的映画。「8 Mile」

8 Mile [Blu-ray]
8 Mile [Blu-ray]

絶大な人気を誇るヒップホッパー『エミネム』のサクセスストリーに基づいて本人自ら主演し実写化した作品。

エイトマイルとは米国デトロイト州にある境界線エイトマイルロードのこと。そこを境に富裕層と貧困層に分かれている。その境界線の手前(貧困側)にいるのが主人公のエミネム演じるBラビット。彼は極貧生活から脱出するために、マイクで成り上がろうとしますが・・・。

エミネムと言えばブラックミュージック界で白人ラッパーとして成功した数少ない一人です。ですが元々の彼は、引っ込み思案で、上がり性で、いじめられっ子でした。そんな無名時代の彼が、なぜ現在の様な不動の地位を築けたのか。それは当然才能もあったと思いますが、始めはコネもなく、マネーもない、ただただ直向きに努力したのと仲間との絆が彼を押し上げました。彼が周りから力を貰い、少しずつ弱い自分から脱皮し、才能を開花させていく。作品中で地元デトロイトのMCバトルに出場し、会場で勇気を振り絞り、無我夢中でバトルに挑みます。勿論、映画としての演出や脚色も入ってるかと思いますが、最後の最後に優勝を手に入れたシーンでは、大きな感動と達成感と、沢山のパワーを貰えました。

作品のラストに流れる曲『ルーズユアセルフ』は(我を忘れる)という意味ですが、まさに苦労して這い上がった彼の深いい一言。人生の中でやってくるチャンスの時、我を忘れて没頭するぐらいの心意気が必要なんでしょうね。エミネム様、凄い方です。

又、軽快なヒップホップのリズムと共に、アメリカ国民の貧富と黒人社会の現実も鋭く描かれています。全体を通してブラックカルチャーが色濃く表現されていますが、その中で攻撃的にならずスマート立ち振る舞う主人公のBラビットの行動は、まるでエミネムの曲のリリックの様でした。

ですが、お下劣なシーンやバイオレンスも満載ですから、その点は見る前に留意しておいて下さいね。

 

外人さんは動物的だなあ度☆☆☆☆☆

Leave a Reply